忍者ブログ
テクニカルで変態な音楽が大好きな大学生がCDを紹介するブログ、
[48]  [47]  [45]  [44]  [43]  [35]  [34]  [42]  [41]  [40]  [39
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

350417.jpg














このアルバムが手に入るとは思いませんでした。Todd DuaneOmnipresent
シェラプネル系の中でも、ロン・サールとトップを争うほどの変態系技巧派(?)なわけです。

1,Psychotic Ward
パキッとしたアコースティックのフレーズで幕を開け、しっとり系かと思わせて
打ち寄せるフレーズの数々(笑)
タイトなリフで刻んだかと思いきや、もはや人間とは思えないスウィープ(笑)
ロングトーンで甘く聴かせる箇所があったり・・・・・
最後には、ピアノやら(彼が弾いてると思われます)ヴァイオリン(!)まで
登場する始末。
まぁ、ごっちゃまぜなんですけど基本はポップ&メロディアスですよ。

2,Black Hole
こりゃ、たしかにブラックホールだ(笑)
もうね、スパイラルって感じですよ(笑)
まぁ、24秒の曲です....

3,Scatterbrained
何コレ、素晴らしいんですけど(笑)
フレーズのデパートじゃ〜ん(マーティー風)
キメキメの攻撃的なリフで展開したかと思えば、日常的に流れていくスウィープ
の嵐、それなのに心に響くメロディアスな雰囲気も作り出す!!
ロンが付く、二人のギタリストと一緒ですね。

4,Silence
なんかRPGの曲みたいですよね(笑)
恐ろしさ、怪しさが漂うクラシック的な楽曲。
鍵盤と弦を操れるアーティストは、両者の良さを相互で共有できるから
楽曲の幅も広がりますよね。
どっちも超絶なら、なお良しですね。

5,Psycho
あ〜、君はRon Jarzombekか(笑)
全ての楽器が、畳み掛けてらっしゃる!!
同じ人間とは思えないリズム感から繰り出される、トリッキーな音色の数々。
もう、最高に変態です!!

6,Barnyard Scuttle
ニワトリの鳴き声から始まるカントリー系ハイテンポチューン。
あ〜、最高にクールでした(笑)
Ron Thalなんかのカントリーもすげ〜な〜と思いながら聴いてたんですが、
こちらはさらに現代的奏法を盛り込んだカントリーチューンなんです。
やっぱ、ここでも日常生活スウィープを見せつけられます。
時々出てくる『真っ赤なお鼻の〜』みたいなメロディーと、様々な動物の
鳴き声が組み込まれてるのが個人的にツボでした(笑)

7,Overture
パーカッション登場でなにかと騒がしい曲です。
1分14秒、ちょっと弾いてみたみたいなテンションか?(笑)
しかしながら、ぶっ飛んでらっしゃる!!

8,Blotted Science
Blotted Scienceとかのあの類いです。
強烈でヘヴィーなリフ使いに対し、キーボードできらびやかさを足してる
ところが彼らしさがでてる部分でしょうか。
中盤のベースソロがたまらなくカッコいい曲だったりもします。

9,Missing You
アコースティックをバックに弾くバラード系楽曲。
小技の効いたブルージーな音使いはグッときますね。
開放的でメロディアスな曲に仕上がってるというのもなかなかよろしいです。
あ、日常生活系速弾きも出てきますよ(笑)

10,Demented
最高にハイテンションな変態曲!!
いろんなフレーズが、右から左、上から下に飛んでいきます。
サンプリングやらなにやら、やりたい放題ですね。
是非、コレを聴いて心を砕かれちゃってください(笑)

11,Vivaldi
ハイテクギタリストとにとって、クラシックをカヴァーするというのは自分の
技術の高さを証明する良いフィールドなんでしょうね。
ここで彼が弾くのは、ヴィヴァルディの『』ですね。
たしかに巧いです。ただ、ギターの音が若干ジャリジャリしてるというのが
残念なポイントです・・・・・
あと、この曲だとウリ・ジョン・ロートの印象が強すぎて、Todd Duane
アレンジには馴染めないところがあります。


個性が全面に押し出された素晴らしいアルバムだと思いますよ。
ポップな変態インストがお好きな方は、一度チェックするべき作品でしょうね。

彼のマイスペース

彼のホームページ
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
2重投稿申し訳ない(笑)
今、楽器屋さんの方にもコメントさせていただいたのにこっちにも来てすいません(笑)
Todd Duaneのこのアルバムは聴いたこと無いんですがデビューアルバムの「Todd Duane」なら聴いたことあります。。
一番初めに聴いた作品が、多分知っていらっしゃるかと思いますがElectrocution 250の「Electric Cartoon Music From Hell」というアルバムでした。そのギター担当がToddだったのですが、このアルバムがかなり気に入ったのでソロアルバムを聴いてみたって感じです。
テレキャス使いなのがこれまたなんか良いですね(笑)

「このアルバムが手に入るとは思わなかった」ということは相当入手困難っぽいですがもし出会うことがあったら是非このアルバムも聴いてみたいですね!
ねどべど 2008/02/06(Wed)10:31:51 編集
無題
あれ・・?
HP見たらレスポール使ってますね。。
メイン変わったんですね・・・。
もしくは自分のしったかだったかorz
ねどべど 2008/02/06(Wed)11:01:48 編集
どうぞ来ちゃってください!!
じゃんじゃん書き込んじゃってください(笑)
森の楽器屋に比べると、こっちは更新のペースが遅かったりで定期購読者(いるんだろうか?)に見捨てられないか心配ですが(笑)コメントあるとモチベーション上がります(笑)

あ、アルバムの話でした。
Electrocution 250、大変ぶっ飛んでらっしゃると評判ですね(笑)まだ買ってないのですが、いずれ...
彼の使用ギターですが、けっこういろんなの持ってるみたいですね。今回紹介したアルバムで使ってたのはミュージックマンみたいですし。

調べてみたら、シェラプネルのサイトで簡単に入手できるみたいですね。あと、ディスクユニオンで中古売ってました。
Mr.Pooh 2008/02/07(Thu)01:33:30 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mr.Pooh
性別:
男性
管理人Mr.Pooh直通メール
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
last.fm
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
バーコード
ビジター