忍者ブログ
テクニカルで変態な音楽が大好きな大学生がCDを紹介するブログ、
[50]  [49]  [46]  [48]  [47]  [45]  [44]  [43]  [35]  [34]  [42
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

sheddingskinalb1.jpg














Jeff Kollman
のソロ作Shedding Skin
ギタリストとしての彼はもちろん、男としてマジでカッコイイと思いますよ(笑)
まぁ、それは置いといて....

1,Shedding Skin
スパニッシュな雰囲気のアコースティックのイントロから彼お得意のワウも
絡めた激しいコードバッキング。なんともリフ職人な訳です。
昼間部でのソロの箇所ではヴォリュームを積極的に弄ることでの音色の変化や、
緩急をつけたフレーズ使いに彼の技術とセンスを垣間みることができるかと。
この一曲目だけで、このアルバムはヤヴァイなと思わせられます。

2,Fat, Mean, and Nasty
この曲を始めて聴いたのは、Cosmosquadのライブ音源だったのですが
その頃からお気に入りの一つでした。
ベースを主体としたジャム的雰囲気のあるイントロ、重みのある彼の
メロディ。全体的にグルーヴ感のある曲でして、この一体感のある
ヘヴィーさというのはCosmosquadの最新作にも表れてると思いますね。
しっかし、このスタジオ版はベースが派手ですね

3,Blues For Pop

こういうブルースも巧いのは流石です。というか、こういう曲のほうが
彼の経歴的には主戦場なはずです。
ジャジーだったり哀愁漂っちゃたり、合間に挿んでくるメロディが半端なく
素晴らしいです。
また、Shane GaalaasKevin Chownによるタイトなリズム隊の存在も
欠かせないと思います。

4,Journey Through Life
これもお気に入りの曲です。
流石としか言いようがないメロディアスなフュージョン。
他のギタリストには、作れそうで作れないジェフ・コールマン節全開の
曲だと個人的に思ってます。Andy Timmonsに近いと言えば近いかも。
音色、メロディライン全て素晴らしい!!
来日公演では、是非お目にかかりたい。

5,The Suconscience

このアルバム買ってから気付いたのですが、これが単体の曲だったとは...
コーラス、ディレイ等がかかって幻想的なサウンドが飛び交っています。
ちょっとだけ、次の曲のメロディが入ってることでイントロ的な仕上がりに
なってます。
ちなみに、なんで単体だったことに気付かなかったかというと
コズモスクアッド
のライブ盤ですとこの曲と次の曲が一緒になってるんですね。

6,Sheer Drama
で、この曲に繋がってくわけです。
コズモスクアッドジェフ・コールマン関連ではなかなかの人気曲かと。
この曲のライブ版を聴いたときの感動は忘れられませんね〜(笑)
Journey Through Lifeが開放的で明るくメロディアスなものであるのに
対しこちらは愁いさの漂うエモーショナルな曲です。
ここ一番のワウの使い方、痺れます。
あと、この曲に限らずですがオリジナルのほうがエフェクトの掛け方がエグい気
がしますね。

7,The X Factor
豪快なサウンド、荒々しいピッキング、エモーショナルな音使い。
現代板、ジミ・ヘンドリックスのインストバージョンってとこですかね、
全身をえぐるようなサウンドが印象的です。

8,Intimate Portrait
ほぉ、そう来ますか。
ガットギターによるフラメンコ調の情熱的なプレイ。
一分ほどの小曲になっています。

9,The Color For Love
チック・コリア風?
ラテン調の楽曲で、ジェフ・コールマンのプレイは曲の雰囲気作りに
重きを置いた感じでよろしい一体感。
う〜ん、アコースティックスタイルも巧い!!

10,My Soul Deep

こちらもアコースティック曲。
前曲の明るい感じとは対照的に、甘く切ないメロディが聴き所。
ギター、ピアノのタッチが誰かにめちゃくちゃ似てるんですけど
失念。

11,Redeye Romp

いわゆるブギースタイル。
やっぱ、彼はこういう曲でこそ真価を発揮!!
絶妙なタッチ、音色の変化。
トラディショナルなスタイルだからこそ、巧さ、個性がプレイに
もろ反映されますね。

12,Where's the One
懐かしいフュージョンって感じですかね。
バックのノリの良いカッティングによるバッキング、伸びやかな
ギターサウンドがスティーブ・ルカサーあたりな雰囲気。
ギターに加えて、ピアノ、ドラム各パート、インプロ的な雰囲気が出ており
非常によろしい。

13,My Guitar Gently Screams

この曲も、彼を語る上では外せないでしょう。
タイトル通り、ギターが金切り声を上げます(笑)
荒々しく暖かみのあるサウンドは、エディ・ヴァン・ヘイレンにも通ずる
部分があるように思えます。


Cosmosquad
のライブ盤聴いて満足してた自分がいたのですが、来日の
サイン用にソロ作も揃えておくかということで購入したわけですが、
見事にヤラれました(笑)
アコースティックの楽曲なんかは、新鮮な印象を受けました。
是非、購入することをオススメします。


ジェフ・コールマンのマイスペース


ジェフ・コールマンのホームページ



 
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mr.Pooh
性別:
男性
管理人Mr.Pooh直通メール
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
last.fm
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
バーコード
ビジター