忍者ブログ
テクニカルで変態な音楽が大好きな大学生がCDを紹介するブログ、
[17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

l_6f5912c5b7f5bf4a3b5c817f2d5c8b1d.jpg















超が付くほど、変態ギタリストとして有名なRon Jarzombekが新しく始動したBlotted Scienceのアルバムが届きましたので紹介します。

1,Synaptic Plasticity
とにかく強烈なバッキングで展開される一曲。
Ron Jarzombekらしさ満点の、変拍子に次ぐ変拍子で
オープニング曲から、すでに脳内ショックです。
さり気なく入れてくる速弾きが、良いアクセントになっています。

2,Laser Lobotomy

SLIPKNOTを思わせるような強烈なピッキングによるイントロが
印象的な一曲です。
その雰囲気を保ちつつも、テクニカル且つメロディアスなソロがあるだけに
曲が単調にならずに上手く仕上がってます。

3,Brain Fingerprinting
エッジのきいたギターから繰り出されるフレーズ。
リスナーに付いて来れるかと言わんばかりの目紛しい展開、
こういう見せつける感は、Ron Thalなんかにも感じる部分であります。

4,Oscillation Cycles
叩きまくり、弾きまくりといった曲で、よ〜く聴いてみると
1分38秒の中に、いくつかのコンセプトがある様子を伺うことが出来ます。

5,Activation Synthesis Theory
こちらは、はっきりとコンセプトで区切られてる曲になります。
アルバム1プログレッシブであり、アルバム1聴きやすい曲だと
思います。
各パートごとの表情が、しっかり出てるため飽きないですね。
Ron Thal好きなら、心にグッと来るものがあるのでは?

6,R.E.M.
ヘヴィーなLiquid Tension Experimentのソロの一部分を抜き出し
1.5倍速にしたような曲です(笑)
1分12秒と短いにも関わらず、それだけに中身の濃い、個性的な曲です。

7,Night Terror
まさに変態的な音使いから幕を開ける一曲。
序盤はさほど代わり映えしない感じなのですが、中盤になると
手を付けられないぐらいのハイテンションぶり!!
メロディアスを超えた気持ち悪さ(笑)
もう、明らかにフレーズの組み立てが変態です。

8,Bleeding In The Brain

Night Terrorで見せた変態ぶりを、若干抑え、バンドとしての
一体感が重視された曲のように感じます。
そのため、非常に分厚いサウンドに仕上がっています。

9,Vegetation

とても短い中、壮大な世界観を表現しています。
この曲に関しては、一切変態要素が感じられません(笑)
こんな雰囲気で、もう少し長く聴かせてもらいたいなと
思うのですが....

10,Narcolepsy
きらびやかかと思えば、ヘヴィーな音使いという、対照的とも言える
構成が印象的ですね。
彼の技術、音楽センスに流石の一言です。

11,E.E.G. Tracings
何ともカッコいいの一言のイントロから始まり、メカニカルなフレーズで
畳み掛けます。
アルバムの中で、ハイテンションな部類の一曲です。

12,Sleep Deprivation

こちら、36秒と短いですがお気に入りの一曲です。
怪しげなシンセとギターの絡みが、なんとも幻想的な世界を演出しています。
なんでこの人は、こういう綺麗な曲作れるのに短いんでしょう?(笑)

13,The Insomniac

壮大でドラマティックな印象ですね。
単なるフレーズの詰め込みになることなく、しっかりと作り込まれた感じで
非常に興味深いものとなっています。
なかなか、ワーミーを巧く使ってるフレーズがあったりします。

14,Amnesia
一つだけ言えるのは、最もハイテンションな曲だということです!!
最初、ベースの入りがしっとりしたものかと思えば、壊れたかのような
超高速チューンになります。アルバムの中でも、ベースが目立ってる曲でも
あります。
しかし、それ以上にスゴいのはRon Jarzombekの常人とは思えないほどの
高速ソロ。
レコーディングで、余裕の笑顔で弾きこなす姿が思い浮かびます(笑)

15,Adenosine Breakdown
ここまでの速さでの押しというのがなくなり、しっとりと弾くかと思いきや
味のある変態プレイで魅了します(笑)
様々なフレーズが飛び出してくるわりには、しっかりと曲がまとまってると
思いますね。

16,Adenosine Buildup
やはり最後はこうくるかという感じのテクニカルハイスピードチューンです。
非常にコミカルなものになってると思います。


素晴らしい作品です!!ありがとうRon Jarzombek!!

でも、万人にはお勧めできませんね(笑)
Mattias Ia EklundhRon Thalあたりで、変態系は大丈夫なんて
思っていてもまだまだ甘いというぐらいにぶっ飛んでます。

とりあえず、myspaceあたりでサンプル聴いてみてそれから決めましょう。
気に入ったら、あとは彼のサイトに行ってクリックして注文です!!

タブ譜など意外と充実してる彼のHP。自作ギターも見れますよ。

彼の変態具合に触れるには、まずはマイスペースで。

そして、この超絶変態バンドのマイスペース。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ついに!
Blotted Scienceゲットおめでとうございます。ジャケットもなんか凄いですが、内容ももっと凄いことになっているのですね。これはテクニカルメタルから超絶変態路線が好きなリスナーは注目せざるを得ませんね。参考にさせていただきます。
ピルグリムてつ 2007/09/25(Tue)13:35:54 編集
変態です!1
サンプル聴いてみて、気付いたら彼のサイトで注文してました。中身は、とにかくハイテンションな曲ばかりです。
それだけに、アルバム聞き終わると疲れるのですが(笑)


Mr.Pooh 2007/09/25(Tue)22:48:17 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mr.Pooh
性別:
男性
管理人Mr.Pooh直通メール
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
last.fm
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
バーコード
ビジター