忍者ブログ
テクニカルで変態な音楽が大好きな大学生がCDを紹介するブログ、
[23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

para.jpg














Sieges Evenの最新作、Paramountを紹介しましょう。
一言で言うなら、『ヤヴァイ』です(笑)

1,When Alpha And Omega Collide

一曲目から、素晴らしい仕上がりになっています。
キャリアの長さとしては、彼らがベテラン・重鎮ではあるのですが
あえて若手のバンドを比較対象にするならMind's Eyeのような
ドラマティック性にドイツ産バンドならではの固さ、しっかり感を
ブレンドしたという感じでしょうか。
クリーントーンとドライブサウンドの使い分けが、曲のドラマティック性を
さらに深いものにしてるのではないでしょうか。

2,Tidal
ややメタル寄りで、テクニカルな箇所が多いですね。
しかしながら、この曲の素晴らしさは絶妙なヴォーカル&コーラスの
メロディだと思いますよ。
畳み掛けるようなコーラス群が、この曲のドラマティック度を高めてるのは
間違いないです!!

3,Eyes Wide Open
Bon Joviあたりさえ彷彿とさせる、アメリカンハードロック系バラード。
前二曲と比較すると、こちらは暑苦しさ(?)を感じるくらい熱唱してる
感じで聴いてる側も曲に引き込まれます。
どうか、暑苦しいを悪い意味に捉えないでください。
なんというんでしょうか、『痛快』という言葉が近いかもしれませんね。
ともかく、ストレートで良い曲です。

4,Iconic
この曲のコーラスを聴いて、ノックアウトされました(笑)
アコースティック、空間系が効いてるクリーントーンを中心として
展開されているからか曲全体に広がりを感じますね。
間を埋めるようなベースの働きにも是非注目してみてください。
やはり、ここでもドラマティック。

5,Where Our Shadows Sleep
個人的には、4曲目とこの曲がアルバム内で強烈に印象に残ってます。
クリーンサウンド主体のギターサウンドに、哀愁漂うヴォーカル。
バラード3ヶ条みたいなものがあるとすれば、その全ての要素に
当てはまるというぐらい、非の打ち所のない素晴らしい楽曲に
仕上がっています。

6,Duende
このアルバムの中でも、アグレッシブなスタイルが光る一曲です。
DREAM THEATERに感じるメタル要素とは、一味違ったものが
がありまして、所々で曲を引き立たせる重さというのが非常に
興味深いものでした。

7,Bridge to Divine

U2的なポップ要素を感じるのは、ディレイの使い方が似てるからでしょうか。
ギターを始めとしたインスト隊が曲の一部分として溶け込むことで、
ヴォーカルを引き立たせるこの巧さ。現在までの経験が生み出すもの
なんでしょう。まだ、自分にはそんな演奏できません(笑)

8,Leftovers
非常に深みのあるヴォーカルが特徴的ですね。
曲調としては、ここまでの曲とあまり変わらない印象を受けつつも
実はこの曲深いんですよ〜。
なぜかギターソロでワーミー使うの巧かったり(笑)

9,Mounting Castles in the Blood Red Sky

途中、語りが入ったりしますがインストと言って差し支えないでしょう。
ただ、彼らの場合、一般的に言われるインストのようなものではなく
このアルバムでのコンセプトを表す手法として、インストゥルメンタルを
用いたってとこでしょうか。
曲調は、このアルバム全体の雰囲気をそのまま抜き出したかのような
ものになっています。

10,Paramount

ラストは、アルバムタイトル曲となっています。
美しい世界観が、存分に堪能できるのですが、この曲の聴き所は、
サックス(?)の音色が起用されていること。
そのため、一瞬DREAM THEATERAnother Dayを思い起こさせる部分も
ありますね。


今回、彼らのアルバムを初めて買ったのですが、なぜ今まで買わなかったのか
と後悔してしまうほど素晴らしい出来でした。
この作品と一緒にThe Art Of Navigating By The Stars
買ってみたのですが、彼らは、しっかりと明確なコンセプトに基づいて
曲作りしてるんだなと。
テクニカルな部分を全面に押し出すようなタイプではないのですが、
曲の質が非常に高いだけにそんなことする必要もないといった気に
させてくれた良いアルバムでしたね。


アルバムのメドレーが聴けるマイスペース
(記事更新日現在)

曲同様、しっかりとした作りのHP

 
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mr.Pooh
性別:
男性
管理人Mr.Pooh直通メール
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
last.fm
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
バーコード
ビジター